2016年12月24日

千島学説

現代医学が執拗に排斥する千島学説は、言わずと知れた腸造血説です。
血液(赤血球)は、脊髄で造られる(脊髄造血説)のではなく、腸の絨毛で造られるという説です。
なぜ無菌の赤ちゃんに生後二、三日にビフィズス菌が繁殖するのか、
なぜ宇宙は無から有が生じたのか、なぜ腕や脚を失った傷痍軍人は貧血ではないのかなどの疑問には、
現代医学の脊髄造血説では説明できません。
以下は、千島学説の要旨です。
1.赤血球分化説
赤血球はすべての細胞の母体である。
体のすべての細胞に分化し、体の組織に変化する。
2.腸造血説・赤血球起源説
赤血球は、腸粘膜の絨毛で造られる。
3.赤血球と各種細胞や組織との間の可逆的分化説
栄養不足のときや、
大量出血のあと、病気のときには、体の各組織から血球に逆戻りというかたちが見られる。
4.ガン細胞血球由来説・炎症その他病的組織の血球由来説
ガン細胞は赤血球が変化してできる。血液が汚れからだが病気に罹ったとき、悪化した赤血球が集まり溶け合ってガン細胞に変わっていく。また炎症も、赤血球が体のその部位に集まって変化して発症したものである。
5.創傷治癒と再生組織と血球分化説
負傷(ケガ)が治っていく現象も、その部分に赤血球が集まって、からだの再生と修復をするからである。
6.バクテリア自然発生説

バクテリア(細菌)は親がいなくても、有機物の腐敗、その他の状態で、その有機物を母体として自然に発生する。
7.毛細血管の開放説
毛細血管の先端は開いていて、赤血球はそこから組織の隙間へ自由に出ることができる。
8.細胞新生説
細胞は分裂によってのみ増殖するというのは正しくない。細胞は細胞でないもの(赤血球)から新しく生まれ、からだは大きくなり、またその大きさを保つ。
9.バクテリアから人間に至るまですべての生物は「親和力または愛」という精神的なものをもつ。
10.生殖細胞の体細胞由来説
生殖細胞(精子・卵子)は、からだの組織と別のものではなく、からだの組織のひとつである赤血球が変化したものである。
11.獲得性遺伝の肯定説
生物が生まれてから一生の間に、その環境によって育まれたかたちや性質は、子に遺伝する。
12.進化要因における共生説
生物が進化してきたもっとも大切な要因は、環境に適合した強いものが生き残ったのではなく、おなじ生物の助け合い、または違った生物との助け合いという、共生現象によるものである。
13.生命弁証法・科学的方法論 
生命は時々刻々として変化して止まない。その変化の働きは、生命や自然がその本質に歪みをもっているからである。
ラベル:腸造血説
posted by 手のひらおじさん at 02:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。