2016年10月19日

屈折異常

屈折異常の理論には、二つあります。 一つは、今日の眼科医、眼鏡屋が依拠しているヘルムホルツ理論です。 眼は顔の左右に付いているレンズであるというレンズ論にたっています。近視になるには、角膜や水晶体の凸形状が、通常よりも強いためであり、遠視になるには、角膜や水晶体の凸形状が、通常よりも弱いためであり、乱視になるには、角膜がいびつに変形したためである。このように、これらは眼球が構造的に変形して、ゆがんだ結果であり、回復は不可能であるという結論です。
一方、ベイツ理論は、眼は心の窓であるという考えです。外眼筋による眼球の緊張やストレスが、眼球の構造的変形の原因であり、外眼筋の緊張をとれば屈折異常は治るという結論です。 近視は、左右の動きの上下の斜筋の緊張、遠視は、前後の動きの4本の直筋の緊張、乱視は、4本の直筋のアンバランス、これらをとれば、屈折異常は回復します。
外眼筋の緊張をとるためのベイツメソッドでは、パーミングを繰り返す、セントラル・フィクセーション(文字を黄班部の中心窟で見るようにすること)、●を見つめるなどの方法を勧めています。 パーミングとは、眼の上に手のひらを軽く当てることです。 ベイツメソッドの後に、手のひら操法で眼にエネルギーを入れると、視力がより一層よくなります。


筆者もベイツメソッドを毎日行って、眼鏡無しで車の運転が出来るようになりました。
検眼に引っかかり、眼鏡をかけるように言われた孫の小学生も眼鏡無しで過ごしております。
03屈折異常.jpg
ラベル:屈折異常
posted by 手のひらおじさん at 21:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。